浴衣。

 ゆかた。

平安時代

貴族が蒸し風呂に入るときに着用した

麻の着物が最初とされている。

これを湯帷子(ゆかたびら)といった。

 

水蒸気によるやけどをせぬようにと。

この時代綿はとても とても高価のなもの。

であるがゆえに 装束の下着となる薄い着物は麻で作成されておりました。

 

江戸後期になると綿の生産量がぐんぐんと高まり

庶民に普及。

麻から綿へ。

その後期の時代には 銭湯の需要が高まるとともに

ゆかたびらの略でゆかたと呼ばれるようになっていきました。

現在では夏には欠かせないものの一つでもあります

  

f:id:mentaru155:20170614201952j:plain

このドラマ個人的に好きで必ず見ていました。

  

www.youtube.com

カラ―セラピ―

今のあなたへの色からのメッセージは

http://wct.aya-moon.com/

女性 浴衣単品「赤色 縞に菊花、ツバメ」綿浴衣 プレタ浴衣 お仕立て上がり浴衣 花火大会、夏デートに H4-21【メール便不可】

価格:2,980円
(2017/6/14 20:22時点)
感想(0件)

 

 

 

 これからの汗対策に

 

 

【企画品】レセナ ドライシールド パウダースプレー フルーティフローラル ペア(135g 45g)【REXENA(レセナ)】[デオドラント 制汗剤 制汗スプレー]

価格:617円
(2017/6/14 20:07時点)
感想(17件)

>