サランラップ

              

          今や食品を保つことでも欠かせないサランラップ

        このラップ元々は湿気から 火薬を守るために開発された。

       戦後化学メーカーの二人の技術者 ラドウィックとアイアンズが

         ピクニックの際にフイルムをレタスを包んでみたことが 

               食の世界への第一歩となった。

    

      チューリップ畑ととり団子の甘酢あん : ばーさんがじーさんに作る食卓

                                                        食品の保湿 保管に大いに役に立つということで

          1940年後半に それは本格的に販売されることに。

          ラップの名前の由来は 二人の細君の名をもとに。

            サラ(Sarah)とアン(Ann)にちなんでである。

 

        
             Webムービー_サランラップ®体操第2

              

             

 

              斉藤ひとりさん公式ブログ

         http://saitou-hitori.jugem.jp/?page=3&month=201705

        
               「キモチが伝わる 30秒」篇

 

 

 

 


爽やかな香りで息リフレッシュ!!エチケットサプリ

 

www.asahi-kasei.co.jp