夏の救急対策!

              気温や湿度がぐんと高くなる季節。

                   熱中症

                   虫刺され

                食中毒など増える季節。

            それらの時に どのようにすればいいのか

               一緒に見ていきましょう。      

 

          f:id:mentaru155:20170712053723j:plain

            【こんな症状がでたら】➡熱中症の可能性あり。

               皮膚が乾き赤く熱くなってきた。

               頭痛やめまい 吐き気がある。

               呼びかけても返事がおかしい。

               まっすぐに歩けない。

 

                 キホンの手当

              ①まず涼しい場所に移動する。

          風通しのいい日陰や室内の空調の効いたところへ。

           血管が拡張して頭に血が行きにくくなっている

                      ↓

              横になり足を高くして休ませる。

                      

f:id:mentaru155:20170712093605p:plain

 ②衣類を緩める(体にたまっている熱を出しやすくします)

 

③塩をとかした冷たい水

又スポーツドリンクなど補給する。

真水を大量に飲むとけいれんを起こすこともあるので塩分入りの飲み物で!

吐き気があるときは病院で点滴を受けましょう。

            

               意識がないとき 

  

            f:id:mentaru155:20170712132408j:plain

              こんな時は病院へ

               熱中症で意識がない場合 

              具体的に言動がおかしかったり

          呼びかけても答えないなど意識に障害があるときには

                119番へ

             

                 119に電話をかける。

 

          ①火事か救急かきかれるので この場合救急です。

          ②大体で良いので  年代 どういう状態かをお知らせする。

          ③あなたのいる場所がどこかを知らせる。

          知らない場所の時でも何か目印があればそれを伝える。

          目印もないときには 消防の方に聞いてみる。

 

          ④通報者のあなたの名前と電話番号を伝える。

 

             二人現場にいる場合は一人が電話 

          もう一人が意識不明の方の体を冷やすことをする。

            一人の時はまず塩分を含む冷たい水を飲ませ

           体を冷やすようにしてから119番通報をする。

      

                  体の冷やし方

        ①氷を用意できる場合は ポリ袋などに入った状態にし

         首 脇の下 太ももの付け根に当てる方法。

        ②タオルなど布類をぬらし 扇風機やうちわ 

          またうちわの代わりになるようなものであおぎましょう。

 

    

       環境省熱中症予防情報サイト 熱中症環境保健マニュアル

 

 

 

 

                                        

 

Copy short URL
Copy short URL